ゴップ (トランプのルール)

基本情報

  • 使用カード:39枚 or 52枚
  • 人数:2人~3人
  • 時間:5分以内

ゴップ(GOPS)の語源は「The Game Of Pure Strategy」(純粋の・生粋の戦略ゲーム)の略らしく、その名の通り戦略や相手との駆け引きが主眼のゲーム。
「Goofspiel」という名前でもあるそうな。
あと「ハゲタカのえじき」というカードゲームはゴップが元になっているとか。「アメリカンページワン→UNO」みたいな。

勝ち負け

  • ダイヤの数(数字の合計)が多い方が勝ち

準備

  • ダイヤ13枚をよく切り、山札にする
  • 各プレーヤーはスペード・ハート・クラブのうち、それぞれ1スート13枚を持つ
    2人の場合はハートを使わずスペードとクラブにすることが多い

進行(各ターン)

  1. ダイヤの山札を1枚めくり中央に置く
  2. 全員同時に手札から1枚出す
  3. 一番大きい数字を出したプレーヤーがダイヤのカードを取る
  4. (2人の場合)同じ数字ならダイヤは次回に繰り越し、次回の勝者がまとめて取る
  5. (3人以上の場合)同じ数字を出したプレーヤーは無効とし、それ以外で最も大きい数字を出したプレーヤーが取る
    全員が無効なら次回に繰り越し
  6. 最終回が無効なら、誰も取らずに終了

終了

  • 山札が無くなったら(=手札が無くなったら)終了
  • ダイヤの数の合計(A=1・・・K=13)を計算する(枚数ではない)

オプション・ローカルルール

  • カードの強さを「2 < 3 < ・・・ < K < A」にする
  • 「K」が出た時だけ「A」が勝てる(「A」が強いルールの場合は「2」が「A」に勝てる)
  • 捨て札を全部公開しておく
  • etc...

メモ

高得点の絵札をいかに取るか、手札の絵札をいつ出すか、低い数字をいつ処理するか、中程の数字をどれほど取るか、など戦略と駆け引きを楽しむゲーム。
全部で91点なので2人の場合は46点で勝ち確定。10~13の4枚で46点になるが、そうそう全部取れる訳がないので9以下の数字もある程度は考えて取らないと勝てない。
子供に教えたら大分気に入ったらしく激ハマりした。

<トランプのルール一覧>