一休さん (トランプのルール)

基本情報

  • 使用カード:52枚
  • 人数:2人~(6人ぐらい)
  • 時間:5分以上
  • 別名:七五三
  • 亜種:ぶたのしっぽ

「ぶたのしっぽ」の手を置くルールとほぼ同じ進め方。

勝ち負け

  • 手持ちのカードが少ない方が勝ち

準備

  • カードをよく切り、裏返しで円の形に並べる
  • 順番を決める

進行(最初のプレーヤー)

  • 円から1枚引き、「一休さん」と言いながら円の中央へ表にして置く(台札)
  • 次のプレーヤーへ

進行(各プレーヤー)

  • 円から1枚引き、「一休さん」と言いながら円の中央へ表にして置く
  • 置いたカードが一休さん(「A」「9」「3」)の場合、全員が台札の上に手を置く
  • 一番遅い(一番上の手)のプレーヤーが台札を全部取る
  • 一休さん以外で手を置いてしまったら、おてつきとして台札を全部取る
  • 次のプレーヤーへ

終了

  • 円が全部無くなったら終了
  • 取ったカードの枚数を数えて勝敗を決める

オプション・ローカルルール

  • 七五三(「7」「5」「3」)の場合に手を置く 他、語呂合わせなら何でも当てはめられる
  • いくつか語呂合わせを決めておき、台札に置く時の掛け声の数字に合わせて手を置く
    一休さん」と言いながらであれば「A」「9」「3」、七五三なら「7」「5」「3」が対象になる
  • 手を置くルールにせず、一休さんなら必ず台札を取る
  • etc...

メモ

たまたまなのか、どちらかが派生したのか分からないが「ぶたのしっぽ」の手を置くルールとほぼ同じ。
「ぶたのしっぽ」に記載したジョーカーなどのオプションルールも適用できるので、好みに合わせて。

語呂合わせを考えれば何でもできるので、ご苦労さん、肉屋さんなど、色々変えながらやるのも楽しいかも。

<トランプのルール一覧>