読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JPA的なもの(回顧)

Java つれづれ

Javaがまだ1.3とか1.4で、自分も駆け出しのペーペーだった頃、社内製品の開発に携わったことがあった。
そこで使われていた自作フレームワークにはO/Rマッピングや自動mergeなどの機能が実装されていた。

あの頃に比べれば、Javaのバージョンも上がりライブラリも豊富にある現在は便利になったとつくづく思う。

それでも開発の苦労が減らないのは当時と変わらない。永遠のテーマなんだろうな。